ワールドメイトの会員は、みんな幸せになっているの?

幸せとは本人が決めること

 

「ワールドメイトの会員はみんな幸せになっていない」などと書き込んだ人に聞いてみたい。

 

 

「いったい、何人の人に聞いたんですか? 全員に聞いたのですか?」

 

 

幸せとは、本人が決めること。

 

私の周囲には幸せじゃないなんて言ってる人はいない。

 

「ワールドメイトの会員になってみんな幸せになっていない」などと書いた人は、みんなに聞いたわけじゃなく、端から見た印象で言ってるだけなんだろうけど、まったく、勝手な決めつけとしか言いようがない。

 

 

 

登山家は登山で死ぬかもしれないし、幸せそうじゃない?

 

勝手な憶測で、「なんだか幸せそうじゃない」とか書いた人は考えてみてほしい。

 

たとえば、ゴルフは、最初は楽しいもの。

 

しかし、シングルプレーヤーともなると、「ここ10年楽しいと思ったことはない」などと言う。ある程度までいったら、楽しいというのを乗り越えて、「勝つか、負けるか」というストレスを抱えながら、時間を使い、神経を使って、「うーん」と言いながら勝負をする。これが、その人のゴルフの醍醐味。
 

 

たとえば、登山家がエベレストに登るとき、いったい何が楽しいのだろう

か? 

 

苦しいことはいっぱいで、生きるか死ぬかの世界。登山家は「そこに山があるからです」と言うかもしれない。登山の醍醐味というのは、そう簡単に言葉では説明できないだろう。頂上へ到達する一瞬の至福の幸せのために、苦しみと葛藤、ストレス、筋骨の痛み、呼吸が困難な苦しみを折り越えていく。

 

 

それを端から見て、

 

「ゴルフのシングルプレーヤーはいつも渋い顔をしていて幸せそうじゃない。」

 

とか、

 

「登山家は死ぬかもしれないのだから、幸せそうでない。」

 

などと言うのは、勝手な憶測以外のなにものでもない。

 

 

 

 

徹夜でお疲れのようだから幸せそうじゃない?

 

「深見先生が徹夜でお疲れのようで、幸せそうじゃない。」

 

とか、これも、勝手な憶測に過ぎない。

 

 

 

深見東州先生は、楽しいという情感の世界、面白さ、ジョイフルという世界に生きているのではない。

 

困難があっても、意義を見出して飛び込んでいき、達成したときの喜びという、次元の高い幸せに生きているのだ。

 

 

ベテラン会員の方も、深見東州先生のように、進歩向上を目指している。

 

だから、

 

 

「新会員の相談に乗って、ぐったりくたびれていて、幸せそうじゃない。」

 

とか、

 

「出品会に出すから、徹夜で作品を仕上げるなんて、なんの意味があるの。幸せそうじゃない。」

 

などというのは、勝手な憶測なのである。

 

 

そのベテラン会員の方は、意義を見出して、困難に飛び込み、達成したときの「やったー!」という喜びに向かって励んでいるのだ。達成するまでの闇をトンネル状態という。トンネルを抜けたら、自分が一段と向上する。

 

そういう魂の喜びを求めているのである。